ワールドメイト日和 Ver.2

アクセスカウンタ

zoom RSS わがまま絵画点評14 深見東州の世界「熊野の森から飛び立つ八咫烏」 | ワールドメイト日和

<<   作成日時 : 2016/07/25 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2015年8月号「月間美術」は、美術評論家 ワシオ・トシヒコ氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。


wikiによると、
八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話において神武東征(じんむとうせい)の際、高皇産霊尊(タカミムスビ)によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラス(烏)[1]。一般的に三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わっている[1]。

画像

熊野本宮大社の鳥居の横に掲げられた八咫烏の旗
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Shrine_Kumano_hongu_torii01.jpg




ワシオ・トシヒコ氏の文章は、

古代日本人は、カラスに或る種の霊能を認めていたのだろう。もしかしたら七色の八咫烏(ヤタガラス)のうち、黒いカラスは、伝説の世界を超えて現在まで生きつづけているのではないだろうか。今と同じように、カアカアと啼きつづけてきたのだろうか。何を語りかけているのだろう。

確か、「聴耳頭巾」という童話があった。黒い頭巾をかぶると、トリたちの啼き声が人間の言葉として聴こえてくるという噺である。頭巾はつまり、トリの声を人語に翻訳するマシーンなのだ。もしかしたら深見東州は、この頭巾を密かに隠しもっているのかもしれない。われわれには聴こえない言霊を、頭巾のパワーを借りて絵言葉にしている、と考えられなくもない。





さて、トリの声を人語に翻訳するマシーンを密かに隠しもっているのではないか噂される(笑)深見東州先生の絵、「熊野の森から飛び立つ八咫烏」はとても感動的です。もうずいぶん前になりますが、熊野の地でワールドメイトのご神業があったとき、深見東州先生の書かれた八咫烏の色紙をいただいたことがあります。心中祈りながら、一気に墨を落として描き上げてくださった色紙でした。今も大事な宝物です。「熊野の森から飛び立つ八咫烏」の黒い八咫烏を見ると、その色紙を思い出します。

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
わがまま絵画点評14 深見東州の世界「熊野の森から飛び立つ八咫烏」 | ワールドメイト日和 ワールドメイト日和 Ver.2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる