わがまま絵画点評18 深見東州の世界「わーい繁栄だ! 繁栄八神手を繋ぐ」 | ワールドメイト日和

応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2015年12月号「月間美術」は、美術評論家 ワシオ・トシヒコ氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。

ワシオ・トシヒコ氏の文章は、
筆を握ることで、たった今、深見東州は、創造主となる。「古事記」で、ちょうど伊邪那岐、伊邪那美が国土を次々と産んでいったように。

世界の創り方は、こうだ。パレットからイエロー、オレンジ、レッド、ピンク、ワインレッド、ブルー、ライトブルー、パープルといった、薄めに溶いたアクリル絵具を八つ。ちょん、ちょんと無造作に、広い処女地へと置いていく。それだけでは、まだとりとめない。作品とはいえない。そこで配置した色塊の間を絵具とボールペンの線で結ぶ。

すると、どうだろう。個々の色彩の塊が手をつなぎ、笑いながら踊り始めたではないか。まるで、鎮守の森ご声を上げて遊ぶ童となったみたいに。このように色と動きを八つの神に見立てた結果、画人は、現世に繁栄を託す創造主となったわけである。



さて、「わーい繁栄だ! 繁栄八神手を繋ぐ」は、2007年11月のワールドメイトの神事のときに深見東州先生が描かれた絵だったと記憶しています。
イシスを中心とした繁栄八神であり、この神々は「ギリシャ・エジプト繁栄八神組合総代会(金融・金運六神連合入り)」という名前で、日本の国と私たちに「豊かな恵み」を授けてくれます。
「わーい繁栄だ!」というネーミングにより、この時の神事の情景が蘇ってきます。「個々の色彩の塊が手をつなぎ、笑いながら踊り始めた」かのように。
ちょうどこの時は深見東州先生の「バッタに抱かれて」などの短編小説が一気に出来上がったときでもありました。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0