アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ワールドメイト」のブログ記事

みんなの「ワールドメイト」ブログ


わがまま絵画点評11 深見東州の世界「5月の富士にさつきが咲く」 | ワールドメイト日和

2016/09/17 22:18
応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイト用のボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2015年5月号「月間美術」は、美術評論家 求龍堂編集顧問 松井武利氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。

富士山については、
「イチゴみるくホワイトチョコ富士」で、「第1回 深見東州選りすぐり絵画展2015」の図録には、「富士」がタイトルに入っている作品10点が収められていることを紹介しました。この「5月の富士にさつきが咲く」もその内の一つです。


wikiによると、
サツキは、旧暦の5月 (皐月) の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いたと言われます。

深見東州先生の著書「花の伝説」には、
「さつき」は、「壊れそうな愛を修復する。例えば、親子関係、夫婦、恋人の信頼回復に良い。」とあります。

そして、松井武利氏の文章は、
鮮やかな緑の山肌に黄色の稜線、頂きにたなびく白い雲、山に寄り添う赤紫のさつき。
濃厚な色彩が迸(ほとばし)る。まるで極彩色の装飾画をおもわせる、圧巻の富士である。
力強くダイナミックな筆力で、三原色の力感あふれる配色。不動の意志を持つ富士の存在感を表している作品だ。
東州画人の山は様式化を嫌い、流動的で自在である。様式にとらわれない即興的な気分を育み、野太い線で、一気に仕上げ、躍動感を生々しく伝えるのである。


さて、ここで松井武利氏の視点を延長して、さつきへとフォーカスしてみますと、雄大な富士の様子からは、ワールドメイトでもよくお話しの中に出てくる木花咲耶姫様が思い浮かびます。富士の裾野のさつきの群れは、頂上に坐す木花咲耶姫のご神命を受け、壊れそうな愛を修復するために、ご神徳を行き渡らせるのをいまかいまかと待ち構えているかのようです。

富士が力強くダイナミックであればあるほど、さつきの群れが柔らかな愛の修復波動をあまねく行き渡らせようとするイメージがふくらみます。
画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わがまま絵画点評13 深見東州の世界「灼熱のカサブランカ」 | ワールドメイト日和

2016/08/08 19:52
応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2015年7月号「月間美術」は、美術評論家 求龍堂編集顧問 松井武利氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。



wikiによると、
カサブランカ(植物)は、オランダで改良されたユリ科ユリ属の栽培品種の一つ[2]。
画像

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Casa_Blanca_lily_02.jpg


深見東州先生の著書「花の伝説」には、神霊的な花の意味が明らかにされており、その中で、「百合」は次のように書かれています。神霊的な花の意味の先頭に「白」とあるので、特に「白い百合」に関するものです。

「白 心が寂しくなりロマンが湧く、即物的な人間に良い。」

また、解説の部分に「園芸種としてヤマユリより作出された、カサブランカなどが花屋さんの店先を賑わしています。」とあることから、ユリ科ユリ属であるカサブランカの神霊的な花の意味も「百合」と同じと考えていいのだと思います。



松井武利氏の文章は、

世に百花繚乱というすぐれた花に対する表現があるが、この絵の孤軍奮闘するカサブランカは煌(きら)びやかな花に負けず劣らずのすぐれた花である。独り風に吹かれて微笑みながら立つ姿は、感動ものであるとした。
それは微妙な女のゆらめきまでも表現できる東州画人の卓越した描写力だ。女性の心を紡ぎ出し、斬新で柔軟、手弱女(たおやめ)ぶりのみごとな作品になった。これこそが画人の面目躍如たるところであろうか。




さて、深見東州先生の作品「灼熱のカサブランカ」を鑑賞していると、以前見た映画のカサブランカをもう一度見たくなりました。神霊的な花の意味「心が寂しくなりロマンが湧く」ように導かれたのでしょうか。
画像


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


わがまま絵画点評14 深見東州の世界「熊野の森から飛び立つ八咫烏」 | ワールドメイト日和

2016/07/25 22:44
応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2015年8月号「月間美術」は、美術評論家 ワシオ・トシヒコ氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。


wikiによると、
八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話において神武東征(じんむとうせい)の際、高皇産霊尊(タカミムスビ)によって神武天皇のもとに遣わされ、熊野国から大和国への道案内をしたとされるカラス(烏)[1]。一般的に三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わっている[1]。

画像

熊野本宮大社の鳥居の横に掲げられた八咫烏の旗
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Shrine_Kumano_hongu_torii01.jpg




ワシオ・トシヒコ氏の文章は、

古代日本人は、カラスに或る種の霊能を認めていたのだろう。もしかしたら七色の八咫烏(ヤタガラス)のうち、黒いカラスは、伝説の世界を超えて現在まで生きつづけているのではないだろうか。今と同じように、カアカアと啼きつづけてきたのだろうか。何を語りかけているのだろう。

確か、「聴耳頭巾」という童話があった。黒い頭巾をかぶると、トリたちの啼き声が人間の言葉として聴こえてくるという噺である。頭巾はつまり、トリの声を人語に翻訳するマシーンなのだ。もしかしたら深見東州は、この頭巾を密かに隠しもっているのかもしれない。われわれには聴こえない言霊を、頭巾のパワーを借りて絵言葉にしている、と考えられなくもない。





さて、トリの声を人語に翻訳するマシーンを密かに隠しもっているのではないか噂される(笑)深見東州先生の絵、「熊野の森から飛び立つ八咫烏」はとても感動的です。もうずいぶん前になりますが、熊野の地でワールドメイトのご神業があったとき、深見東州先生の書かれた八咫烏の色紙をいただいたことがあります。心中祈りながら、一気に墨を落として描き上げてくださった色紙でした。今も大事な宝物です。「熊野の森から飛び立つ八咫烏」の黒い八咫烏を見ると、その色紙を思い出します。

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クイーンズタウンの「ワカティプ湖」と「リマーカブル・マウンテン」

2016/02/09 22:07
神事が無事に終了したので、クイーンズタウンのことを書いておきます。

●wikiから

クイーンズタウン (英語: Queenstown, マオリ語: Tahuna) は、ニュージーランド南島のオタゴ地方の内陸、ワカティプ湖畔に面した町である。

周囲の山々に囲まれたその美しさが「ヴィクトリア女王にふさわしい」と名づけられたことに由来する。世界的に有名な観光・保養地である。

1862年に、ショットオーバー川で金脈(ゴールド)が発見されて以来、町は急速に発展し人口も数千人に増えた。しかし、金脈が尽きると人口は数百人に激減してしまう。

現在は、高原の避暑地のようなたたずまいでバラエティに富んだアクティビティの拠点になっている。夏にはバンジージャンプやパラグライディング、ゴルフ、湖でのジェットボート、釣りなどが楽しめ、冬には周囲のコロネット・ピーク (Cornet Peak) やリマーカブルズといったスキー場でスキー・スノーボード、蒸気船での観光、カジノでのギャンブル、食事などを楽しむこともできる。クイーンズタウンはバンジージャンプ発祥の地としても有名である。小さい町ながら宿泊施設、飲食店、土産物店などが充実している。年間およそ130万人の観光客が訪れる。


画像

wiki「クイーンズタウン (ニュージーランド)」より


画像

The Remarkables mountain range, autumn 2015
The Remarkablesより

●YouTubeから


衛星中継で見たワカティプ湖の水面の青さが印象に残っています。
YouTubeをいろいろと探してみましたが、この動画はワカティプ湖の水面の青さと、船上から撮影しているので、臨場感があってなかなかgoodです。

第一天国を写すといわれているクイーンズタウンに、いつか行ってみたいですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「ワールドメイト」ブログ

ワールドメイト日和 Ver.2 ワールドメイトのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる