ワールドメイト日和 Ver.2

アクセスカウンタ

zoom RSS わがまま絵画点評11 深見東州の世界「5月の富士にさつきが咲く」 | ワールドメイト日和

<<   作成日時 : 2016/09/17 22:18  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイト用のボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2015年5月号「月間美術」は、美術評論家 求龍堂編集顧問 松井武利氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。

富士山については、
「イチゴみるくホワイトチョコ富士」で、「第1回 深見東州選りすぐり絵画展2015」の図録には、「富士」がタイトルに入っている作品10点が収められていることを紹介しました。この「5月の富士にさつきが咲く」もその内の一つです。


wikiによると、
サツキは、旧暦の5月 (皐月) の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いたと言われます。

深見東州先生の著書「花の伝説」には、
「さつき」は、「壊れそうな愛を修復する。例えば、親子関係、夫婦、恋人の信頼回復に良い。」とあります。

そして、松井武利氏の文章は、
鮮やかな緑の山肌に黄色の稜線、頂きにたなびく白い雲、山に寄り添う赤紫のさつき。
濃厚な色彩が迸(ほとばし)る。まるで極彩色の装飾画をおもわせる、圧巻の富士である。
力強くダイナミックな筆力で、三原色の力感あふれる配色。不動の意志を持つ富士の存在感を表している作品だ。
東州画人の山は様式化を嫌い、流動的で自在である。様式にとらわれない即興的な気分を育み、野太い線で、一気に仕上げ、躍動感を生々しく伝えるのである。


さて、ここで松井武利氏の視点を延長して、さつきへとフォーカスしてみますと、雄大な富士の様子からは、ワールドメイトでもよくお話しの中に出てくる木花咲耶姫様が思い浮かびます。富士の裾野のさつきの群れは、頂上に坐す木花咲耶姫のご神命を受け、壊れそうな愛を修復するために、ご神徳を行き渡らせるのをいまかいまかと待ち構えているかのようです。

富士が力強くダイナミックであればあるほど、さつきの群れが柔らかな愛の修復波動をあまねく行き渡らせようとするイメージがふくらみます。
画像




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
わがまま絵画点評11 深見東州の世界「5月の富士にさつきが咲く」 | ワールドメイト日和 ワールドメイト日和 Ver.2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる