アクセスカウンタ

<<  2016年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


わがまま絵画点評19 深見東州の世界「青龍神に愛された緋鯉と金鯉」 | ワールドメイト日和

2016/05/23 19:41
応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2016年1月号「月間美術」は、美術評論家 求龍堂編集顧問 松井武利氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。


松井武利氏の文章は、
あの水この水の天竜となる水音

この俳句は種田山頭火、昭和14年の作。長野県伊那にて敬慕する乞食俳人 井上井月(せいげつ)の墓参を果たしたときの句である。これより遡ること5年、昭和9年井月の遺跡を探る東上の旅へでる。飯田への雪の峠で発熱。行きなやんで死にかかり、念願の井月の墓参りを断念したのである。その時、「天竜となる水音」にはこの時からの思いがあり、山頭火にとって痼(しこり)となり、その思いが続いていた。

伊那の近くにある辰野は昔、龍が住む竜野(たつの)といい、流れる川を天竜というようになり、今も荒神山には龍の昇天を見た跡が秘められているという。伊那は天竜川の上流にある。


山頭火は、敬慕する俳人 井上井月の墓参りを発熱により途中で断念した経緯がありました。そのため、5年後に墓参りを果たし、ついにやってきたという強烈な思いが、この句「あの水この水の天竜となる水音」に込められているのでしょう。また、当時、龍が住む竜野といわれていた場所で、天竜川の自然の雄大さに神なる存在を実感したであろうことが伝わってきます。

松井武利氏の文章を読んだ後に、「青龍神に愛された緋鯉と金鯉」を鑑賞すると、作品の持つ迫力とあいまって、”天竜となる水音”聞こえてくるかのようです。


画像



伊那の人気者より、「あの水この水の天竜となる水音」の句碑
画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わがまま絵画点評20 深見東州の世界「わが胸はときめく」 | ワールドメイト日和

2016/05/12 21:55
応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2016年2月号「月間美術」は、美術評論家 ワシオ・トシヒコ氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が載っています。

昨年の師走某日、ワシオ・トシヒコ氏に、世界開発協力機構(WSD)総裁の半田晴久氏(深見東州先生)から「世界人権サミット」の招待状が届いたそうです。
「山茶花の咲く頃となりました。山茶花は椿に似ていますが、花弁が多く、パラッとかわいく咲きます。椿は花弁がコンモリし、あでやかに咲きます。そして、首が落ちたように、ポロリと散るのです。まるで、道ならぬ恋に落ちた女性が山茶花、男性が椿のようです。<中略>すると、野鳥が飛んで来て、フロントガラスに糞をします。これが雪だったら、どんなに風情があるのだろうかと、寒々と思う次第です。」

招待状の締めくくりは、
「末筆ではございますが、野鳥にはくれぐれもお気をつけください。特に口を開けて歩くのは、きわめて危険です」


椿と山茶花はツバキ科ツバキ属の樹木であり、よく似ています。招待文では、道ならぬ恋に落ちた男女を、椿と山茶花で比喩していますが、山茶花(さざんか)と椿の神霊的な意味と性質は、深見東州先生の著書「花の伝説」によると、次のようになります。


『山茶花(さざんか)』のもつ神霊的な意味と性質は、
男女共、色気を回復し、きれいだなあと人が思う色気が出る。

画像

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Camellia_sasanqua_001.jpg
File:Camellia sasanqua 001.jpg


『椿』のもつ神霊的な意味と性質は、
男女問題、複数の異性との問題、トラブルのすべてを解決。
夫婦の問題解決、良き事はうまく、悪しき縁は別れる。
赤い花は女性が、白い花は男性が持つとよい。

画像

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Shoboji_Nishikyo-ku_Kyoto_Japan17bs5s4200.jpg
File:Shoboji Nishikyo-ku Kyoto Japan17bs5s4200.jpg


さて、今回の絵画「わが胸はときめく」です。
タイトルには、「胸」とありますが、ワシオ・トシヒコ氏のイメージのように「天上の龍の落とし子のカップルが、遙か下界の時の流れを俯瞰している図」と受け取る事も出来ます。さながら、紹介文の「道ならぬ恋に落ちた男女」のような色っぽさを秘めた龍が浮かび上がってきます。
画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


わがまま絵画点評21 深見東州の世界「緑色の太陽〜グリーンフラッシュ〜」 | ワールドメイト日和

2016/05/08 16:33
応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2016年3月号「月間美術」は、求龍堂編集顧問の松井武利氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が連載されています。


松井武利氏の文章は、
グリーンフラッシュとは、日の出、日の入りの直前に、太陽の光が一瞬緑色に輝く希な現象である。太陽光は大気圏に入ると空気中の分子にぶつかり、光は散乱する。夕方や朝方など太陽光の入射角が低い時、波長の長い赤に近い光だけが地表に届く。これが朝焼け、夕焼けになる。空気が澄んで、大気の透明度が高いと、波長の短い緑の光が届くことがあるが、しかし滅多にない。だから見たものは幸せになるという伝説があるという。


wikiの「グリーンフラッシュ」画像。

File:Big green flash.JPG
画像

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d2/Big_green_flash.JPG

小笠原諸島の父島にあるウエザーステーションは、日没時に比較的グリーンフラッシュが見えやすい所として有名である。
見られる確率が非常に低いことから、ハワイやグアムではグリーンフラッシュを見たものが幸せになるという言い伝えがある[1]。


また、グリーンフラッシュのYouTube動画がありました。
2:55あたりから。
う〜ん、絵画のイメージが広がってきます。


サイパンのグリーンフラッシュ20130115 greenflash



画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


わがまま絵画点評22 深見東州の世界「菅平から飛んできた女神、木花咲耶姫」 | ワールドメイト日和

2016/05/03 21:36
応援ありがとうございます。
ブログ村 ワールドメイトのボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

-----------------------------

2016年4月号「月間美術」に、美術評論家のワシオ・トシヒコ氏による、ワールドメイト代表深見東州先生の絵画評論が連載されています。2016年4月号で、連載22回。

今号では、ジョン・エヴァレット・ミレイの「オフェリア」と深見東州先生の「菅平から飛んできた女神、木花咲耶姫」を対比し、「菅平から飛んできた女神、木花咲耶姫」を東州版「オフェリア」と言い切っているところに非常に興味を惹かれました。

シェークスピア四大悲劇中、もっとも誉れ高い「ハムレット」のヒロインを題材にしたジョン・エヴァレット・ミレイの「オフェリア」の画像をwikiより。
画像

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/08/Sir_John_Everett_Millais_003.jpg

ワシオ・トシヒコ氏の文章は、
私が書きたいのは、今月の「菅平から飛んできた女神、木花咲耶姫」こそズバリ、東州版「オフェリア」そのものと胸を張って言い切りたいのだ。絵画の近似性はもちろん、ヒロインの背景にも共通性がある。富士山本宮浅間神社の主祭神である木花咲耶姫も、桜の花のように美しい姫だ。けれどもやはり、浮気を疑われる。オフェリアと異なる点はしかし、汚名を晴らすために火の中で出産したという気性の烈しさではなかろうか。菅平方向から飛んできた彼女は、だから躰全身のほてりを消すために素っ裸となり、激流でも仰向けに沐浴できるのだ。

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2016年5月のブログ記事  >> 

トップへ

ワールドメイト日和 Ver.2 2016年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる